2012年08月

妻が産婦人科で内視鏡検査を受けたところ、卵子がまだ育っていなかった。タイミング療法はお預けだ。体力を温存しよう。次の月曜日にもう一度検査を受けに行き卵子の状態を確認する。卵子が大きくなっていたら
タイミング療法実行あるのみである。ちなみに今日の検査費用は血液検査費用込みで1800円でした。
仕事も上手くいっていない。他人の失敗を背負わないといけない状態になっていてやりきれない。9月から仕事の種類が変わることになった。不安はあるが現状よりはましだろう。

決裁書を3部つきかえされた。何を書いているのか分からないと。辛い日々だ。

先月のタイミング療法は失敗だったと言うことになる。タイミング療法後に妻の体内から取り出した一定数の精液の中には活動精子が6匹しかいなかったということなので自然な妊娠は難しいのだろうと思う。あと1、2回タイミング療法を行い駄目なら人工授精を行うことにする。人工授精は1回13000円だそうだ。朝に精液を専用容器に採取し、開院と同時に妻がそれを持参し、精液を遠心分離か何かで洗浄してから妻の体内に人工的に入れるというもの。妻は32歳。
仕事が回っていない。質、量ともに辛い状態が続いている。今朝も4時過ぎから仕事のため勉強をしている。この努力は報われるのだろうか。30代前半に本社での仕事が嫌になり支社に出してもらったが、40になって本社に戻された。既に浦島太郎状態。商品数は数え切れないほど増え、その構成は複雑になっている。本社の企画管理部門で働くにはそれらをすべて把握しておかなくてはならない。もちろんすべてと言っても全分野ではないが、自分が割りあてられった分野は、それまでのキャリアと関係の無い未知の分野。明日、上司に仕事の進捗報告と今後の予定を報告するが憂鬱でならない。

厳しい状態が続いているからね。会社に行くのがつらいよ。

大塚家具もニトリも行ってみたが、ファニチャードームだけで十分な種類が置いてある。価格も適正価格。ファニチャードームでダイニングテーブル木曽路、キッチンボード、桐のタンスを購入、東京インテリアでリビングボード、テレビボード、ニトリでソファーを購入した。どれもベストセレクションだったと思う。

↑このページのトップヘ