高島政伸は右の頬に大きなほくろがあったらしい。デビューの特に切除したのでその傷が今でも残っているらしい。まぁそんなのはどうでもいいはなし。
岩手県県議のなんとかさん。小泉光男県議。診察料を払わずに帰って翌日に支払って言うけど、翌日に支払えばいいというものではない。これは犯罪だよ。無銭飲食と同じ。もっと追及すべし。

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥
なんともお粗末な県会議員がいたのものだ。病院で名前ではなく番号で呼ばれたことに腹を立て、金を払わず帰ってしまい、それをブログに書いて公表した。「ここは刑務所か! 名前で呼べよ。なんだ241番とは!」。そして、ご丁寧にも、「このブログをご覧のみなさん、私が間違っていますか。病院の対応が間違っていますか」と正否を問う呼びかけまでした。きのう17日(2013年6月)、記者会見で謝罪したが、その謝罪もどこかすっきりしないものだった。

慌てて謝罪会見「予想外、想定外で、ただただ驚きを超えています」

岩手県議の小泉光男氏(56)は2週間ほど前の5日(2013年6月)、岩手県立中央病院で検査を受け、会計を待っていると「241番の方」と呼ばれた。患者のプライバシー保護や同姓同名の間違いを防ぐために、番号で呼ぶのが大きな病院では普通のことだが、県議はそのことを知らなかったようだ。さらに「こちらにお越しください」といわれたことに、「こちらは1万5000円以上の検査料を払う上得意のお客様だぞ。そっちからくるべきだ。デパートでもどこでも、1万円以上の買い物客を顎でしゃくって呼び寄せますか」と文句をつけた。


これに対しネット上では「非常識」「県議にあるまじき発言」などと批判が殺到、ブログは炎上状態となり9日に閉鎖され、きのうの会見となった。会見では「公人としての立場を忘れ、著しく思慮に欠けた不適切なブログを公開してしまいました」と詫びた。「思った以上の騒ぎになったと驚いていらっしゃいますか」という「スッキリ!!」の西村綾子レポーターの質問には、「予想外、想定外で、ただただ驚きを超えています」と語っていたが、実は昨年5月(2012年)にも同じ病院で2時間待たされたことに憤慨して受診料を払わず病院を出たと書いている。もっとも、料金は今回もあとで払ったらしいが。

司会の加藤浩次「このプログを見ると、病院側の不手際はまったくない。自分で勝手に怒っているパターンだ」

県立病院の予算・人事握ってる県議会「振り回した特権意識」

コメンテーターのロバート・キャンベル(東大教授)は「公人の立場を忘れて、といっているが、詭弁ですね。県立病院は県議会が予算も人事も牛耳っている。ですから、県議である自分を特別扱いしてほしいという公人の臭いがもの凄くしていますよね」

加藤「県会議員の俺を待たせるのか、と心のどこかで思っている」

香山リカ(精神科医)は「病院の対応や業務改善についての問題提起ならいいが、自分の感情をぶちまけただけのような書き方では理解されない」と呆れ顔だ。

この県議、おととし(2011年)初当選を果たしたばかりで、議員を辞める気持ちはないようだが、有権者の皆さん、次の選挙の時こそ、彼が間違っているかどうかよく見極めて1票を投じてください。


一ヶ月ぶりに防カビくんをしました。

あんな店は倒産すればいいのにね。低所得者を馬鹿にして。

¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

テレビ番組でも活躍するイケメン人気シェフ、川越達也氏(40)が17日、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」やブログなどで、非難の声が殺到した自身の発言について謝罪、釈明した。川越氏は5月にウェブ雑誌のインタビューで、自身が経営する料理店を飲食店評価サイトで批判されたことに、過激な言葉で反論。ブログが炎上する騒ぎに発展していた。(サンケイスポーツ

 川越シェフが神妙な表情で謝罪した。17日の「とくダネ!」で、一連の騒動について「ボクが生意気でした。誤解をまねいてしまったようで本当に申し訳なく思っています」と頭を下げた。

 騒ぎの発端は5月19日に公開されたウェブ雑誌でのインタビュー。東京・代官山で経営するイタリア料理店「タツヤ・カワゴエ」が、飲食店評価サイトで「注文していないのに水代として800円取られた」などと批判されたことに反論した。

 「くだらない。人を年収で判断してはいけませんが、年収300万-400万円の人が高級店の批判を書き込むこともある」と持論を展開。さらに「そういうお店に行ったことがないから『800円取られた』という感覚になる」と、過激な言葉を並べた。

 この発言をめぐって、ネット上では川越氏への批判の声が相次いだ。「低所得者は店に来るなということか」「差別」「上から目線過ぎる」などの内容の書き込みが飲食店評価サイトのブログに数百件寄せられ、炎上する事態に発展した。

別の男のおちんちんくわえているところを旦那に見られたんだからもう恥ずかしくて社会復帰できないんじゃない。人がこういうことで不幸になるのを見ているのはとても面白いね。


¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

先月30日に俳優・中村昌也と離婚した元モーニング娘。の矢口真里が、1か月にわたってブログで沈黙を守っている。

矢口真里、どこへ…?フォトギャラリー

 現時点で矢口が最後に更新したのは先月15日。「かおりんおめでとう☆」と題したブログ記事で元モー娘。飯田圭織の出産を祝っている。その直後に一部週刊誌が矢口の不倫疑惑を報道したが、矢口はブログを更新せず。その後はレギュラー番組の降板・欠席が続いており、先月30日に離婚届を提出した際も、事務所を通して発表したのみだった。

 そんな矢口のブログには今なおファンから励ましのコメントが。18日現在、同記事には3,500件を超えるコメントが寄せられているが、うち1,000件以上が今月になってから書き込まれたもの。「早く元気になってくださいね」「いつまでも待ってるよ」「ずっと応援しています」といった内容のメッセージが1日に10件以上のペースで寄せられている。

 矢口は2008年11月にブログを開始して以降、今年4月21日まで1,620日にわたってブログを毎日更新。1か月以上更新がないのはもちろん初のことであり、そういったこともあって、ファンは心配しているようだ。

 その一方で、元夫の中村昌也は離婚届を提出したことをテレビ、そしてブログで報告。また、クリス松村をはじめとする親交のある芸能人やモーニング娘。の後輩にあたる高橋愛も矢口にエールを送っている。(編集部・福田麗)

BSアンテナを購入したが、誤って購入したので返品をしに行った。こちらが申し訳なさそうにしていると店員は横柄な態度で返品は受けられない、BSが見られないなら工事をうちで手配するなど執拗に30分位以上返品の受け入れを拒んだ。不快なのはその態度。横柄な口ぶりで人を見下す口調、態度だった。ブラック企業エイデンなんかでは購入はしないほうがいい。ほかの日に冷蔵庫を買いに行ったときも僕が買おうとしていた三菱電機の冷蔵庫の悪口を言ったり、かなり程度が低い。低脳企業エイデンでは購入は控えたほうがいい。

睡眠薬を飲んでもダメだ。疲れた。ベランダで黄色い花が咲いた。

不眠症がひどい。眠れない。トータルエステートへの怒りも収まらない。

渋谷のNHK近くに建設されるマンション。自宅から近いので散歩がてら行ってみた。内装は◎。但し、立地がね。今回はご縁がなかったようです。2000円の商品券までもらって申し訳ない。疲れた。今日も30通くらいマンションの資料がヤマトメール便で届いていた。メールボックスが一杯になっていて扉があかないくらいになっていた。また何か特典のあるマンションギャラリーを探す。

とにかく体調が悪い。頭が重い。常に眠たい。どうしようもない。死にたい。

私は女性だが、毛髪が薄いので、手頃な価格の育毛シャンプーを探すことにした。レビューの評価などもよかったので、ツムラ・薬用モウガシャンプーというブラックの入れ物の、
いかにも男性用向けパッケージのシャンプーをアマゾンで購入した。
以前は、女性向けの、赤いパッケージのモウガLシャンプーを使用していたのだが、気分を変えたくて…
でも、トリートメントは、赤いモウガLのトリートメントを引き続き使うことにした。

黒いモウガは、赤より、メントール成分が効いてるのか、地肌がスーっと爽快な感じがした。黒モウガのほうが気に入った。また使いきったら、他のをさがすかもしれないけれど。サクセスも、男性向けのイメージだが、少し気になる。育毛剤は、ざくろペリーの詰め替えを2リットル分買ってあるので、ひたすらなくなるまで使用する予定だ。黄金樹より、安い計算になる。

頭頂部の薄さは、精神的・身体的苦痛のストレスによる症状なのかもしれない。

再来週から、本格的に、逆流性食道炎の治療を始める。プロトポンプ阻害薬が第一選択肢だが。H2ブロッカーでは、治らない気がする。腸の動きも悪いので、ガスモチンなども医師に提案しよう。結局、うつ病と・統合失調症を発病して以降、逆流性食道炎も併発したまま、完治せず。一生、難治性治療として、薬は手放せない。
こんな体で、赤ちゃんが欲しいと言っている旦那には、申し訳ないと思っている。
今は、併発している逆流性食道炎による、体の深刻な不調を軽減しなければ…
しばらくは、子作りはないだろう…

EPSONカラリオのPX-045Aをアマゾンで注文した。翌日配達かと思ったら、翌々日配達だった。残念。キャノンの同じクラスのプリンターは独立インクタンクではなかったので、独立インクタンクのエプソンにした。
いま、サンワカンパニーからタイルの見本が届いた。

アマゾンで購入したポップアップトースターの調子がいい。動画で紹介するので皆さんもご参考に。

3種の睡眠薬を飲んでも4時間程度しか眠れない。辛い毎日だ。奈良美智のぬいぐるみでも見て癒されよう。

銀行に行っただけでこれといって何もない一日だった。

一応毎週見ているが内容はよくわからない。
明日も自由が丘駅の花屋に花を買いに行く。

デパス、サインバルタ、ジェイゾロフト、エビリファイ、ハルシオン、ユーロジン、デパケンR、ドラール
飲み過ぎかな。でも体が動かないし、4時間くらいしか眠れない。

◆第5回AKB48選抜総選挙(8日・日産スタジアム) 昨年1位で、今年も大本命だった不動のエース・大島優子(24)は、まさかの指原1位に「おなかを抱えて笑ってしまう総選挙は初めてです」と笑うしかなかった。また、昨年と同じ5位に入ったがグループ最年長の篠田麻里子(27)は7月20、21日の地元・福岡公演をもって卒業することを電撃発表。波乱の総選挙となった。

 篠田の満足そうな笑顔が、突然決意に満ちた表情に変わった。「勢いのある後輩の姿を見てたら、私は1つの決断をしようと思いました」。ひと呼吸おく間に涙があふれてきた。「私、篠田麻里子はAKB48を卒業します!」。約7万人の「マリコ」コールの中、「私はAKB48に悔いはありません。後輩たちが一歩踏み出そうとしているので、私も踏み出すことにしました」と宣言した。総監督の高橋みなみ(22)は「さみしいよ~…」とおえつした。

 「つぶすつもりで来てください。私はいつでも待ってます」と言い放った昨年の険しい顔はなかった。「たくさんの後輩が頑張ってる姿を感じ取れる1年でした。AKB48はまだまだ上にいけるんだなと実感しました」。後輩たちの成長を肌で実感するにつれ、自らの引き際も頭に浮かんできたという。「ここで席を譲るのも私らしいかなと思います」。今年も昨年と同じ5位をキープした。「高い壁」のままでグループを去るのが、現役最年長のマリコ様の美学だった。

 総選挙に向けた「政見放送」でも卒業を予感させるコメントを残していた。「AKB48で8年、楽しいこともつらいことも経験させていただきました。初めて満員になった劇場や初めてのコンサート、初めて1位になった時や初めて紅白歌合戦に出た時、初めてレコード大賞取った時と去年の夢の東京ドーム。本当にたくさんの思い出があります」。AKB48劇場内のカフェの店員からグループ屈指の人気メンバーに上り詰めた努力家は、この日のステージでも「自信もなかった私ですが、人間が変われた気がします。悔いはないです」とすがすがしい表情で振り返った。

 抜群のスタイルでモデルとしても活躍。ウエディングドレスのプロデュースを手掛けてきたが、今年、念願だった自身のファッションブランドを立ち上げた。卒業後はファッションを中心にタレント活動を続けていく予定だ。

 卒業の時はもうすぐだ。「地元でしたいと思っていたので、来月の福岡ドームで卒業させてください」と、7月20、21日のヤフオクドーム公演でAKBを去ることを発表した。「卒業してもそばでメンバーを見守っていけたら。みんなには30年、いや100年、頑張ってもらいたいです」。篠田の集大成のステージは、AKBの新たな時代の幕開けとなる。

近畿日本鉄道が3月に運行を始めた観光特急「しまかぜ」。大阪、名古屋から賢島(三重県志摩市)を結ぶこの特急は、ゆったりした革張りのシートなど「贅を尽くした」のが特長で、6月いっぱいは予約でほぼ満席の状態だ。ただ座席数も運行本数も限られるため、通常の運賃に特別料金が上乗せされるとはいえ、「劇的な増収は見込めない」(関係者)とか。しまかぜの建造費は約37億円。巨費を投じる効果はあるのだろうか-。

【新型特急】近鉄「しまかぜ」公開 ゆったり景色と食事楽しむ

 しまかぜは、シートの前後幅が私鉄最大の125センチとゆったり座れ、展望車両では大きな窓から景色が楽しめる。大阪難波-賢島間の大人運賃は通常の特急が3810円なのに対し、しまかぜは4810円。個室の場合は別途料金が必要になる。

 10月からは、車内に伊勢志摩の特産品販売コーナーなどを設けた観光列車「つどい」も伊勢市-賢島間で運行する。同社幹部は、2つの新しい観光列車について、「単なる移動手段ではなく、乗ることそのものを旅の目的にしてほしい」と強調する。

 近鉄が、観光列車を矢継ぎ早に投入するのは、10月に伊勢神宮(同県伊勢市)で「式年遷宮」が営まれるからだ。社殿を20年に1度造り替えるビッグイベントで、今年1年間で前年比25%増の1千万人超の参拝者が見込まれる。

 近鉄は旅客増で運輸収入が10億円程度増えるほか、ホテルの稼働率が高まったり、旅行商品の取り扱いが増えたりすることで約40億円の収入増を見込む。このうち、しまかぜだけで運輸収入を5億円程度押し上げる。伊勢市からは「つどい」にも乗ってもらい、志摩方面へのファンも増やす。

 伊勢志摩は昭和の時代、社員旅行や修学旅行など団体客向けの観光地として人気を集めたが、バブル崩壊で観光客が減少。近鉄の伊勢志摩方面の特急利用は、直近のピークが平成6年度の約554万人だったが、24年度は約231万人だった。

 近鉄は、JRグループを除く日本の鉄道事業者の中では最長の路線網(508・1キロ)を持つが、人口減少時代を迎える中、伊勢志摩方面の観光地需要を増やさなければ、「じり貧」になってしまう。

 ただ従来の特急「伊勢志摩ライナー」が定員約270人、運行本数1日約20本なのに対し、しまかぜは約140人で1日4本。つどいはそれ以下だ。飛躍的な増収は見込めない。近鉄の真の狙いは、観光列車でファンを作り、遷宮後も伊勢志摩を訪れてもらうことにある。

 観光列車をめぐっては、JR九州が23年に九州新幹線の開通に合わせて、ドアから煙に見立てた霧が出る「指宿のたまて箱」を投入。JR東日本も今秋から東北地方で全席レストランの「東北エモーション」を運行する。特色ある列車で全国の観光地は再び輝けるのか。その真価は間もなく問われる。(中村智隆)

■『第5回AKB48選抜総選挙』開票イベント(8日、横浜・日産スタジアム)
 HKT48の指原莉乃(20)が、15万570票を獲得して“まさか”の初首位に輝いた。開票イベント後の会見で指原は、カメラマンからのフラッシュを一身に浴び「実感が沸いてきてすごいうれしい」と歓喜。また、今回の結果を受けた秋元康総合プロデューサーの反応についても明かした。

【特集】『第5回AKB選抜総選挙』写真付き順位一覧

 速報の順位をキープし、2位の大島優子に約1万4000票差をつけて1位になった指原は「1位って重みのあるもの。まさか私がなるなんてまったく考えてなかった」といまだ信じられない様子。それでも過去最多となる15万票超えの得票数に「きょうの日産スタジアム(同イベントで7万人を動員)がもう1個あるってことですよね。嘘みたいな景色」と目を輝かせた。

 同イベント後、大島とさっそく話したという指原は「『緊張するし、センターに立つ人にしかわからない苦労があるけど支える』って言ってもらった。あと、『この1年の指原を活動を見てたら納得できるよ』って言ってくれてうれしかった」と先輩からの“お墨付き”に安堵。さらに、高橋みなみからは「『大丈夫だから、安心して』と言われた」と声をかけられたことを明かした。

 それでも、総合プロデューサー・秋元康氏の反応はイマイチだったことを告白。「さっき会ったんですけど、こうやって(首をかしげるポーズを真似てみせ)、あんまり納得いってないと思う」と苦笑い。「すみません、と謝ります。でもこうなったのは秋元さんのせい」と総選挙発案者の秋元氏に突っ込みを入れつつ、「大分県でコンサートしたい。1回もしたことないので」と地元凱旋ライブをご褒美として提案していた。

 今年の総選挙は指原を含め、HKTメンバーが64位以内に6人ランクインする大躍進。同グループ最年長の指原は「HKT48としても自信につながった。良かったなって思う」と喜び、「今(48グループを)引っ張ってるわけでもなく、中間の世代が1位をとってしまって申し訳ない。HKTのメンバーをAKB48の次期エースとして育てたい」と抱負。初センターの座を射止め、HKT48劇場支配人でもあるさしこに、より一層強い責任感が芽生えていた。

↑このページのトップヘ