マンションギャラリーに行くようになって不動産会社からの電話が増えた。面倒くさい。
明日は上野と入谷、あさっては川崎のマンションギャラリーへ行く。今日はエアコンがついたのでこの夏を越せそうだ。


税金の無駄使いしやがって

]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

21日午前7時45分ごろ、小型ヨットで太平洋横断中のニュースキャスターの辛坊治郎さん(57)と全盲のセーラー岩本光弘さん(46)の事務所から「船内に海水が浸入した。救助してほしい」と緊急通報電話の118番があった。

 2人は通報直後にヨットを放棄し、救命ボートに移乗。海上自衛隊の救難飛行艇が相次いで出動し、2機目が午後6時15分ごろ、現場海域で2人を救助、神奈川県の海自厚木基地へ向かった。

 第2管区海上保安本部(塩釜)によると、現場は宮城県・金華山の南東約1200キロ。太平洋横断を企画した「プロジェクトD2製作委員会」に入った連絡では右舷が浸水し、船内のポンプを始動させたが排水できなかったという。

 ヨットはライフジャケットやイリジウム電話を備え、2人は2管などの連絡に「2人とも元気です」と応答。救命ボートには食料や水が積まれていた。

 2人は8日に大阪市内のヨットハーバーを出発。練習のため福島県いわき市の小名浜港に寄港し、16日に米サンディエゴを目指し出港していた。

 2管によると、海上保安庁の航空機が救命ボートを最初に確認した昼は現場で弱い雨が降り、波の高さは約3メートル、風速18メートルだった。午後も悪天候が続き、1機目の飛行艇は着水できずに引き返した。〔共同〕


しょせんジャリタレ。いなくなっても誰も困らない。消え去れ、水道橋博士。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

タレント・水道橋博士(50)が橋下徹大阪市長(43)の「小金稼ぎのコメンテーター」発言にブチ切れ生放送中にレギュラー降板宣言&退席した、テレビ大阪の討論番組「たかじんNOマネー」(土曜、午後1・00)の新レギュラー発表がこのほど水道橋不在のまま大阪市の同局で行われた。

【写真】麒麟・川島、元カノ眞鍋かをりと破局後の苦労話を告白

 新レギュラーは、お笑いコンビ・メッセンジャーの黒田有(43)と、八代英輝弁護士(48)。微妙なタイミングでの発表会見に、黒田は苦笑いで「たかじんさんの代理です」と水道橋の交代要員ではないことを強調。5月に2度目の療養に入った司会のやしきたかじん(63)の代行を任されたことを説明した。しかし黒田は「(水道橋を)頼りにしてたのにツイてない」とボヤいていた。

 だが聖域なき毒舌トークが展開される番組の進行役を任されただけに、さっそくレギュラーの眞鍋かをり(33)の交友関係にきついツッコミ。眞鍋は元THE YELLOW MONKEYの吉井和哉との破局説に関して口を閉ざしており、黒田は「前の男は大阪(関西出身の芸人)やったなあ」とお笑いコンビ・麒麟の川島明(34)の名前は上げなかったものの、毒舌でからんだ。報道陣からも破局の真偽を問われた眞鍋は「事務所的にちょっと、なんです!」と必死で返していた。

 また、今夏参院選出馬説も流れた眞鍋には「博士に続いて降板宣言したりしないか」との質問も。これに眞鍋は「選挙に出るなら、AKB総選挙に出たかったぐらいです」と完全否定した。

 水道橋の番組復帰について同局は今後もねばり強く交渉する方針。当の水道橋はツイッターで「2万%ない」と橋下氏が大阪府知事選挙に立候補する前にテレビ番組で放ったセリフを引用して復帰を否定しているが、橋下氏はその後府知事選に堂々と立候補して現在に至っているだけに、自身の復帰についても含みを持たせていた。しかし、20日夜にツイッターで「2億%ありません」と記し、一層強く否定した。

工事に2時間近くかかった。同じ空間にいるだけで疲れてくる。
明日はマンションギャラリー2件に行く。クオカードや商品券をもらってくる。
疲れた。昼寝をする。

工事の人が来るというだけで緊張してくる。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
不倫騒動渦中にあるタレントの矢口真里が降板したインターネット番組「アメーバスタジオ 女子力cafe~やぐちんげーる~」が放送終了したことがわかった。番組MCのしげるが自身のブログで報告した。

「やぐちんげーる」終了を報告した番組MC・しげるのブログ

 しげるは20日に「ありがとう」と題したブログで「アメスタ 女子力cafe やぐちんげ~る閉店のご報告をさせて下さい」と切り出し、同番組の2年弱の歴史に幕を下ろしたことを伝え、番組スタッフや共演者、視聴者らに感謝の言葉をつづった。

 同番組は矢口が降板して以降、今月5日放送分には元モーニング娘。の田中れいな、そして19日放送分は“ももち”ことBerryz工房の嗣永桃子が務めていた。

なでしこの花を買ってきた。

我が家にもようやくエアコンがつく。経済状態が厳しいが健康には代えられない。日立の工事料込み57000円の一番安いのにした。自動洗浄機能とか空気清浄機能はいらない。

林修先生、100万円を「寄付でしょ」 番組で獲得したクイズ優勝賞金

デイリースポーツ 6月20日(木)10時49分配信

 「今でしょ!」でブレイクしている東進ハイスクールのカリスマ講師(現代文)林修先生ら東進講師陣が、10日放送のフジ系「ネプリーグ」で獲得した優勝賞金100万円を全額寄付することが20日、分かった。

 この日の公式ブログで林先生が「芸能人の方が賞金をもらって帰るのは当然としても、我々が『副業』の場でこのような大金を頂いて帰るのはどうなんだろうと思い、志田先生他の先生と相談したところ、寄付しようということで意見が一致致しました」と報告している。

 「ネプリーグ」では、ゲストチームとして出演する東進ハイスクールのカリスマ講師チーム(林修先生、英語・安河内哲也先生、数学・志田晶先生、日本史・金谷俊一郎先生)が3度目の挑戦となる10日放送分でついに優勝、賞金100万円をゲットした。

 最後に5問連続正解で優勝が決まるのだが、実は番組途中でもう先生同士、「もし優勝したら」と話し合い、寄付を決めていたという。

 これは番組終了後、東進ハイスクールにも報告され、同スクールのホームページで「東進講師陣、3度目の挑戦で見事優勝!!皆さまからの温かいご声援、誠にありがとうございました。なお、トロッコアドベンチャーをクリアして獲得した賞金の100万円は、先生方のご厚意により、支援を必要とする機関へ全額寄付させていただくことになりました」と発表された。

江頭「すみませんでした」公然わいせつで書類送検

スポーツ報知 6月19日(水)22時7分配信

 警視庁保安課は19日、東京都内のイベントで全裸になったとして、公然わいせつの疑いで、お笑い芸人の江頭2:50(47)を書類送検した。

 保安課によると、「当日は芸がうまくいかず、会場の雰囲気に圧倒され舞い上がってしまい、全裸のまま観客席に飛び込んでしまった」と供述している。送検容疑は5月25日夕、新宿区のCD販売店で行われたDVD発売記念イベントに出演し、不特定多数の観客の前で全裸になった疑い。

 所属事務所などによると、下着の両端を引っ張り上げて肩に掛ける芸を披露した際、失敗して下着が破れ、そのまま客席に飛び込んだという。江頭は今月5日、警視庁から事情聴取された後「お騒がせして、すみませんでした」と謝罪していた。

かなり病んでいるんでしょうね。このまま消えるんでしょうね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

不倫疑惑報道後の先月末に離婚したタレント矢口真里(30)が7月6日に放送されるNHKEテレのレギュラー番組「福島をずっと見ているTV」(第1土曜深夜0・00)の出演を見送ることが分かった。

 収録は今月下旬に予定されていたが、矢口サイドがNHKに体調不良を理由に欠席を伝えた。同局は「降板という話にはなっていません」としている。

医師でタレントの西川史子(42)が16日、TBS系情報番組「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演し、“渦中の人"矢口真里(30)について語った。

 番組では、メディアへの露出を避けている矢口の騒動の余波を紹介。元「モーニング娘。」の保田圭(32)と予定されていたディナーショーが延期され、チケットの払い戻しが始まったことなど、与えた影響の大きさを示した。

 前週の同番組で「説明しないと始まらない」と矢口に呼びかけた西川は、「説明したら(芸能界での活動が)終わっちゃうということかもしれない」と神妙な面持ち。「自分に置き換えた時、相当言われると思う」と前置きした上で、「全部正直に言うことが、理解を得てもらうには必要。これから先、芸能界でやっていきたいのであれば」とアドバイスを送った。

 ゲストのタレント・友近(39)は、「体調不良」を理由に番組出演を見合わせている状況について、「一連の騒動でそうなっているのは、見ている方としてわかっている」とバッサリ。「周りのタレントさんが『早く体調治してね』とか乗っかっているのがミニコントやっているみたい」と同情した。

 演出家のテリー伊藤(63)は、謹慎中に勉強に励み、早大に入学した経験を持つ東国原英夫衆議院議員(55)を引き合いに「矢口いまどこにいる?とりあえず勉強しろ」と呼びかけた。

2000円のトースターでも美味しく焼けます。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

芸能人が広告塔になったということで昨年大きな騒動となったペニーオークション詐欺の件、そろそろ判決が出るらしい。

ペニオク詐欺で主犯の男に懲役3年求刑 京都地検」(産経新聞2013年5月14日)

「ペニーオークション」と呼ばれるネットオークションで手数料をだまし取ったなどとして、詐欺と不正指令電磁的記録保管・同供用の罪に問われた大阪市福島区の元会社役員、鈴木隆介被告(30)に対する論告求刑公判が14日、京都地裁(宮端謙一裁判官)で開かれた。検察側は懲役3年を求刑し、結審した。判決は24日に言い渡される。

報道で見聞きする範囲ではこれはどうみても犯罪なので、これ自体には特段の感想はない。ただ、当時あれだけ大騒ぎした事件なのに、判決となるとあまり注目されている気配がないという点についてはひとこと言いたい。

そもそもこの種の事件報道では、一般に、逮捕や判決を報じるものと比べてそれ以外のニュースはあまり大きく扱われないことがよくあるので、それほど不自然ではないといえばないのだが、それにしても、この件はあまりにも落差が大きいのではないかと思う。

理由はなんとなく想像がつく。今回のニュースには、当時さかんに取り沙汰された芸能人の名前が出ていない。別に事務所の圧力で握りつぶしたとかそういう話ではなかろう。単純に、彼らは起訴されることはなかったし、当時広告塔になった件についてはそれぞれ謝罪の意を何らかのかたちであらわしたようだから、ネタにならないということかと思う。

しかし、当時のこの件の報道では、芸能人の名前を不必要に強調した記事が少なくなかった。まあ「不必要」かどうかは人によって考え方もちがうだろうが、仮に消費者に注意を喚起する目的があるというなら強調すべきはむしろ「ペニーオークション」や「詐欺」という点であるはずで、その意味で、芸能人の固有名詞を見出しに使って書き立てるのは、少なくとも私には報道以外の狙いがあるのではないかと思われる。特にスポーツ紙やネットメディアなどでは、かなり刺激的な扱いだ。いくつか挙げるので、ご判断いただきたい。

さすがに大手新聞各社はそこまで露骨ではないが、本文にはしっかり名前を出して「芸能人がけしからん」的なムードを醸し出している(新聞社のサイトは記事が消えている。転載先のあるものはそちらにリンクをはった)。

ペニオク広告塔タレント「詐欺的と知らず」」(読売新聞2012年12月29日)

事件では、松金ようこさん(30)やほしのあきさん(35)ら10人以上の女性タレントが、自分のブログにウソの落札経験を書き込んで「広告塔」になっていた。大阪・京都両府警は2人から事情を聞いている。

芸能界ヤラセ汚染 ペニオク詐欺捜査で判明「ステマ」の悪質」(産経新聞2012年12月22日)

熊田さんとほしのさんに書き込みの依頼をしたというグラビアモデルの松金ようこさん(30)も、事務所がホームページで謝罪。松金さん自身が京都府警に、ほしのさんらに紹介した経緯を説明するという異例の事態になっている。

「ペニオク」虚偽紹介の芸能人20人以上 報酬見返りに」(朝日新聞2012年12月14日)

京都府警が7日、事件の関連で、ブログで落札情報を紹介していた女性タレントほしのあきさん(35)側に事情を聴いたところ、30万円を受け取り、商品を落札したとの虚偽の書き込みをしていたことが発覚。本人が13日にブログで「軽率だった」と謝罪した。

このことを改めて思い出したのは、先日報道された、MRIインターナショナルに関する投資被害に関連して、機関誌で取材されていた有名人たちが「広告塔」になったと批判されていたからだ。この件を報じた産経新聞の記事では私もインタビューされている。

【疑惑の濁流】宇宙飛行士に歌舞伎俳優…またも著名人が広告塔に 「インタビュー記事」として情報誌に」(産経新聞2013年5月4日)

MRIは顧客向け情報誌「VIMO」(ヴィーモ)を季刊で発行。昨年3月号からは巻頭に著名人のインタビューを始めた。第1回では、宇宙飛行士の毛利衛さん(65)を紹介。その後も雅楽家の東儀秀樹さん(53)▽登山家の野口健さん(39)▽女優の草刈民代さん(47)▽歌舞伎役者の市川染五郎さん(40)-を起用し、表紙にも登場させた。

この記事では

山口教授は「著名人側にとっては、依頼主の問題が公になっていない段階で、依頼主が不正企業なのかどうかを見極めるのは難しいだろう」と著名人を擁護する。

と書かれていて、実際私はこういう趣旨のことを話したわけだが、これ以外にもいろいろ話していて、その中で「これは記事にはならないだろう」と思いながら話したことがある(今回取材を受けた記者さんはこの点を自覚しておられて、この記事自体は全体として割にフェアなトーンになっているように思うので念のため。ただやはり見出しはそれっぽくなっているのが残念)。

それが、この記事のタイトルにもあるように、「結局メディアの方々は芸能人がからんでないと興味を持たないんだね」、というポイントだ。つまり、メディアの皆さんにとって、ステマも投資詐欺も、芸能人がからんでいるから話題にしてるだけなんじゃないの?という話。実際、スポーツ紙なんかではあの類のネタは概ね芸能ニュースの枠だろうし。一般紙にしても、やはり芸能人のことさらに強調することで記事を読ませようという意図がないとは考えにくい。

これは商業メディアとしては当然といえば当然の話の話なので、だからどうしたと開き直られればいや別にと引き下がるしかない問題なのかもしれないが、それでもやはり取り上げたいのは、こうした問題を芸能人のスキャンダルとして取り上げ、芸能人を吊るしあげて溜飲を下げるみたいな言論を弄んでいるうちに、私たちの社会におけるバランス感覚が狂ってしまうことはないのか、と危惧するからだ。

広告塔であれ取材対象であれ、何らかのかたちで芸能人が犯罪者と関わりをもってしまった場合に、芸能人を批判したいばかりに過剰に芸能人の責任を強調する傾向はないだろうか。そしてそれが、芸能人以外の一般のケースを判断する基準に影響を与えたりはしていないだろうか。

有名人の責任というと、別居の親族が生活保護を受けていた芸能人が「不正受給」と指弾された話を思い出す。あのときは政治家まで出てきて、生活保護制度の見直しの議論にも影響を与えた。もちろんその背景には生活保護制度やその受給者に対する不満があったのだろうし、芸能人以外にも不正受給のケースはあったのだろうが、それにしても、高収入の芸能人の親族が受給者であったという話をことさらに強調することで、生活保護制度自体を使いにくいものとする方向の議論に拍車がかかったのではないかと思われるふしがある。もしそうだとすれば、これは単なる芸能ネタですまされる話ではない。

似たようなことが、件のペニーオークション詐欺に関する芸能人のステマ騒動のときにもあった。落札できないしくみのところで落札したかのような記事を書いているという意味で、かなり悪質という批判があるのはわかるが、そうした責任論は、彼らが持つ社会的影響力を前提としたものであって、そうしたケースを引き合いに出して一般的な法規制を主張し、すべてのネットユーザーを法的リスクにさらそうとするのはやはり過剰だと思う。

いずれにせよ、今回のことで改めて、「みんな芸能人が大好き」で「芸能人のスキャンダルはもっと大好き」であることがよくわかった。わかったからせめて、そういう「特殊な人々」の特殊な例を引き合いに出して社会全体を動かそうとするかのような言説は、多少なりとも社会的影響力のあるマスメディアとしては、お控えいただけるとありがたい。


自宅でも綺麗に切れます。

駅前で210円で購入。とても綺麗です。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

【ワシントン=矢沢俊樹】米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は19日午後(日本時間20日未明)の記者会見で、今後の量的緩和政策について、「もし今後の米経済指標が年率2%のインフレ目標などと整合的であれば、FOMCは現時点で年内に(later this year)証券購入ペースを緩やかにするのが適切だと考えている」と述べた。月額850億ドルに上る中長期証券の証券購入を今秋以降、段階的に減額していくシナリオを初めて表明したもの。具体的な時期などには触れなかった。

 バーナンキ氏はさらに経済状況の好転が続けば、「2014年前半を通じてゆっくりしたペースで証券購入の減額を進め、来年央で購入を終了させたい」とも述べた。

 同氏は「政策変更を決定したものではない」「経済状況に応じた潜在的な代替シナリオだ」などと説明し、出口の進め方などはまだ決めていないと強調。

 ただ、今年遅くからの量的緩和縮小は現時点でのFOMCの「コンセンサス(合意)だ」とも述べ、おおむね合意ができつつあるとの見解を示した。

 2014年1月末に2期目の任期切れを迎える自らの進退について「個人的にプランについては具体的なものはない」と述べるにとどめた。

バーナンキさんが余計なことを言ったね。僕が逝きそうだ。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

女優・忽那汐里(20)が、一昨年に入学した都内の4年制大学を中退していたことが分かった。人気者だけに、やはり“二足のわらじ”は難しかったようだ。今後は女優業に専念する方針で、同じく「オスカー3人娘」と呼ばれる武井咲(19)と剛力彩芽(20)の2人を猛追どころか、一気に抜き去る可能性が出てきた。

 忽那は2010年末、都内の大学に推薦入試で合格。その時には「受験が終わってホッとした」と安堵の表情を浮かべ、バラ色の大学生活に思いをはせていたのだが…やはり芸能活動との両立は簡単ではなかった。

 忽那が通っていた大学の関係者は「今年になって、大学を辞めてしまったそうです。映画やテレビドラマの撮影スケジュールが詰まっており、あまり大学に来ることができませんでしたから…。本人は残念がっていたそうですが、仕方ないですね」と明かした。

 ただ、この忽那の決断が、芸能界でしのぎを削る若手女優陣の間に「大きな“地殻変動”をもたらすかもしれない」と指摘するのは芸能プロ関係者だ。忽那は同じ事務所「オスカープロモーション」所属の武井、剛力と並んでオスカー3人娘と呼ばれていた。

「最近は武井、剛力の2人ばかりがCM契約本数などで目立ち、忽那はどうしても3番手という認識を持たれるようになってしまった。これまでは大学のことも考慮して、スケジュールを組まなければならなかったからです」(前出関係者)

 だが、そんな状況も、忽那が大学を辞めて女優業専念を打ち出したことで一変する。スケジュールが、格段に取りやすくなるからだ。

「もともと忽那には武井、剛力と比べて大きなアドバンテージがありました。ヒット作に恵まれたこと。一昨年に放送された『家政婦のミタ』(日本テレビ系)最終回は21世紀に放送された日本のテレビドラマで初めて視聴率40%を獲得。重要な役を担っていた忽那の演技力も、高く評価されました。前を走っている武井、剛力を追い越す可能性は十分にあります」(テレビ局関係者)

 忽那が今クール出演しているドラマ「家族ゲーム」(フジテレビ系)は、平均12%超えの安定した視聴率を稼いでいる。7月からは日本テレビ系ドラマ「町医者ジャンボ!!」にEXILEのMAKIDAIこと眞木大輔(37)とダブル主演することがすでに決まっている。忽那にとって、地上波の連続ドラマ初主演だ。

 いよいよ本気になった忽那の大きな試金石となるか。


月に一度実行しています。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

 女優の永作博美(42)が第2子となる女の子を出産したことが19日、明らかになった。

 所属事務所によると、永作は18日午前7時30分に東京都内の病院で出産。体重3124グラムの元気な女の子が無事に誕生した。しばらくは育児に専念するという。

 永作は2009年に映像作家の内藤まろ氏と結婚。10年5月に第1子となる男児を出産している。

↑このページのトップヘ